IELTSテストの受験を予約したものの、何から準備を始めればよいかわからないという方のために、IELTSの準備を万全に整えるための6つの簡単なステップをご紹介します。

Step 1: Choose the right IELTS test

必要なIELTSテストは、英語圏の国へ行く目的が就職か留学か移住かによって変わります。

英語圏の国で高等教育を受ける場合や、専門職業団体への登録を目指す場合に主に必要になるのは、 IELTSアカデミックテストです。.

一方、 IELTSジェネラル・トレーニング は、高等教育機関での研究、職業訓練、オーストラリアやニュージーランド、カナダ、英国への移住を考えている場合に受けてください。

また、イギリス限定のIELTS Life Skillsは、以下が必要な場合に受験してください。

  • 定住者の家族ビザの申請

  • 家族・配偶者・パートナービザの延長申請

  • 無期限滞在許可証または市民権の申請

  • イギリスの大学または大学院への留学

  • イギリスの専門職業団体への登録申請

IELTSの IELTS Life Skillsページ では、それぞれの状況に応じて、どのIELTS Life Skillsテストが適しているかを詳しく説明しています。

ステップ2:テスト内容を知る

どのIELTSテストを受験するか絞り込んだら、そのテストの形式や構成、問題形式など、テストについて理解を深めましょう。テスト形式や問題形式を理解したら、IELTSの練習問題を使ってテスト本番に備えてください。

IELTSテストは、スピーキング、リーディング、リスニング、ライティングの4つのパートで構成されています。IELTSテストの各パートには、それぞれ異なるタスク(課題)があります。

IELTSとは何か、どのようなスキルが試されるのか、またIELTSの結果が何を意味するのかを知ることが大切です。

IELTSについて知識を深めたら、アカデミックテストとジェネラル・トレーニングのどちらのテストが自分に適しているかを判断しましょう。

ステップ3:問題形式について理解する

IELTSアカデミック、ジェネラル・トレーニングともに、テストは、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのパートで構成されています。テストの各パートで問題形式が異なります。

テストの各パートで出題される可能性のある問題形式と、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの各テストに割り振られた時間を知っておきましょう。また、無料の練習問題をダウンロードして、さまざまな問題形式に慣れておきましょう。

IELTSの 試験対策ページ には、ためになる教材が揃っています。さあ準備を始めましょう。

ステップ4:バンドスコアについて理解する

IELTS結果は バンドスコアで表し、バンド0からバンド9まであります。各バンドスコアは英語力のレベルに対応しています。受験者はオーバーオールバンドスコアと、テストパート別のバンドスコアを受け取ります。バンドスコアは、7.0、8.5のように整数と0.5刻みのバンドで表示されています。

スピーキングテストとライティングテストで、それぞれのスコアの解釈方法と、試験官の採点基準を把握しておくとよいでしょう。

IELTSの IELTS採点方法ページ に理解に役立つ情報が含まれています。

ステップ5:学習と目標の設定

IELTSテストは準備が大切ですから、受験日まで英語を使うことを習慣づけましょう。簡単な学習目標を立てると、IELTSの準備が順調に進みます。

例えば、次のような目標をお勧めします。

バンドスコアについて理解する

各バンドスコアには採点基準が設けられています。IELTSの試験官は、これらの基準に従って皆さんの英語のスキルを評価します。試験官がスピーキングとライティングのテストで求めているバンド7の基準を正確に知ることで、最適な学習計画を立てることができます。

自分の英語のスキルを評価する

自分がバンドスコアのどの位置にいるのかを知ることで、弱点を見極めることができます。 IELTSプログレスチェック は、IELTSテストの各パートのバンドスコアの目安と、テスト結果のフィードバックが提供される模擬テストです。

英語を習慣づける

英語を毎日練習すると、大きな差が出ます。英語のニュースを読む、友人に手紙を書く、英語の映画を見るなど、1日わずか5分でもそのための時間を確保することで大きな変化が生まれます。

学習計画を立てる

毎日時間をとって、IELTSテストの4つのパートを練習しましょう。以下のようなことが役立ちます。

  • 英字の新聞、本、雑誌、広告、書籍を読む

  • 英語のオーディオブック、ポッドキャスト、ラジオ、音楽を聴く

  • 同僚、友人、家族と英語で会話する

  • 毎日または毎週、新しい単語を学び、その単語を文章の中で使う練習をする

ステップ6:テスト当日

テスト前の緊張を和らげるために、 テスト当日の流れを知っておきましょう。テスト当日の留意点:

  • 早めに到着し、時間に余裕を持って受付を済ませ、テスト会場に入りましょう

  • 携帯電話、スマートウォッチ、本、メモなどの持ち物を預けてください

  • 受付でパスポートを提示する必要があります

IELTS対策にこれらの6つのステップを加えて、必要なIELTSバンドスコアを達成するため万全の準備を整えましょう。