IELTS by IDPの公式アプリができました! 今すぐダウンロード▶

Close

\現場で活かせる指導に役立つ/英語教員の皆様に向けて

IELTSは、日本国内で注目が高まる英語4技能テストの中でも、留学や移住のための英語能力判定試験として特に国際通用性が高いことで知られています。その質の高さが国内の大学にも評価され、AO・推薦入試での活用も進んでいます。このため高校生や大学生を指導する英語教員の方々からは、IELTSの効果的な指導方法を学びたいという要望が高まっているのが現状です。

グローバルな英語4技能テスト「IELTS(アイエルツ)」を運営する弊社IDP Educationでは、日本でIELTSの指導に携わられる英語教員の皆様を対象に、無料のオンラインワークショップの開催や、さまざまな資料などをご提供致します。ぜひ現場でお役立てください!


【教員向けワークショップ】オンラインでIELTSエキスパートから学ぶ 

IDPの英語教員向け無料ワークショップにご参加ください。経験豊富な方も、これから初めてIELTSを指導される方にも、役立つ情報をご紹介します。IELTSがどのように採点されるか、公開されているバンドディスクリプター(評価基準表)についてご説明します。 教室で使える貴重なヒント、教室でのアクティビティや教材、評価のヒントなどを学ぶことができます。IELTSのエキスパートから学んで、あなたの生徒に伝えてみませんか? 

無料ワークショップをみる▶ 

【IELTS Teacher Training Program】いつでもはじめられる!自宅で受講が可能!

IDP Educationが開発したIELTS Teacher Training Programは、英語教師のために専門的に開発されたツールです。ライティング、スピーキングに特化したプログラム。ご自宅でご自分のペースで研修を受けることが出来ます。このプログラムはすべて無料でご利用いただます。また、このプログラムはNEAS Quality Endorsementを取得しています。 

無料のIELTSティーチャー・トレーニング・プログラムをみる▶ 

undefined

【英語教員向けガイド】を無料ダウンロード

“英語教員向けガイド”にはIELTSを指導する方々に参考になる情報が満載です。採点に関わる評価基準や、生徒がどのようにIELTSの準備をしたらよいかのヒントが含まれています。

英語教員向けガイド(日本語版)をダウンロードする▶external icon

undefined

【見学会】生徒様と試験会場を見学しませんか?

当日少しでもリラックスして全力を出していただくため、IDPでは事前に<コンピューター版テスト会場>を見学し、本番さながらのサンプル画面を見ながら実際に操作していただける『見学会』を開催中です!最大20名様まで同時に見学・体験が可能です。ご興味のある方はお気軽に【IDP-IELTSカスタマーサポート】external iconまでご連絡を。

見学会を実施しているIDP-IELTS東京テストセンターはこちら▶external icon

undefined

【受験料助成金制度】をご活用ください

IELTS指導にあたる教員の方の中には、まだIELTSを受験されたことがない方も多いのが現状です。指導されるためにはまずご自身で受験していただくことをお薦めします。興味をお持ちの方にぜひこの制度を利用し、IELTS受験を通し、現場でのご指導にご活用いただければ幸いです。

助成金の申請方法をみる▶ 


\IELTSの指導に役立つヒント/ 

各テスト毎に取り組むポイントがあります。生徒達に以下のことをするように促しましょう。

リスニング  

  • リスニングの前に文脈を考え、どのような情報を聞き取る必要があるのかを確認する。 

  • 本文を聞く前に設問を読み、各セクションの間の時間を使って次のセクションに備える。 

ライティング 

  • 書き始める前に、質問を注意深く分析し、答えを計画する。 

  • 文章を書くときには、読み手と目的を念頭に置く。 

  • 論理的かつ明確に文章を構成することができる 

  • 自分の立場を決め、例や証拠を使ってタスク2でのポイントをサポートする。 

  • 評価基準に精通している  

スピーキング 

  • 自信を持ち、試験官との会話をリラックスして楽しむことができる。 

  • 質問に注意深く耳を傾ける 

  • 答える前に「考える時間」が必要な場合は、補語やためらいの言葉を使う。 

  • 評価されているのは自分の意見ではなく、自分の言語レベルであることを認識する。 

  • 評価基準に精通している 

リーディング 

  • スキミングやスキャニングなどのリーディングスキルを使用する - 1時間ですべての質問に答えるためには、これらのスキルを使用する必要があります。 

  • 各タイプのリーディングタスクにどのようにアプローチするのがベストかを知っている。 

  • 与えられた時間内に質問に答え、解答用紙に答えを書き出すことができる。 


なぜIELTSを教えるのか~メリットとは?~ 

IELTSを教えることで、ご自身も英語教師としてのキャリアを積むことができます。そして同時に、活躍できる場を広げる可能性を高めることができるのです。なぜでしょう?それは、世界中で働くことができるからです。IELTSは140カ国以上にテストセンターがありますので、世界中の140以上の都市で教える機会があります。私たちは、IELTS指導コースの役に立つヒントを提供し、リソース、ワークショップ教材、他のIELTS講師のグローバルネットワークにアクセスできるようにしています。