スピーキングテストは、IELTS(アカデミックとジェネラル・トレーニング)のどちらのバージョンでも同じ、静かな個室で試験官との1対1のインタビュー形式で行われます。

  • 試験官と1対1だから自然な会話ができます

  • 個室での試験なので、騒音もなく集中できます

  • 必要なら何度も質問を繰り返します

  • あなたの英語能力とペースに合わせます

  • アクセント(訛り)があっても大丈夫です

スピーキングテストの形式

スピーキングテストの内容は3つのパートで構成されています。テストは録音されます。

パート1: 自己紹介とインタビュー(4〜5分)

試験官の自己紹介の後、皆さん自身の自己紹介をするように促され、本人確認が行われます。試験官は、身近なテーマ(家族、仕事、研究、興味など)に関する一般的な質問をします。

パート2: スピーチ(3〜4分)

試験官から、特定のテーマについてのタスクカードが渡されます。このタスクカードには、スピーチの中でカバーできるポイントも含まれています。準備時間が1分与えられ、メモ用に鉛筆と紙が渡されます。テーマについて1〜2分間話します。試験官は、そのテーマについて1つか2つの質問をします。

パート3: ディスカッション(4〜5分)

試験官は、パート2のテーマに関連するその他の質問をします。受験者は、より一般的な問題と意見について述べる機会が与えられます。

ビデオコール・スピーキングテスト

受験生がより安心して対面式のスピーキングテストを受けて頂けるように、一部のテストセンターではビデオコール・スピーキングテストを導入しています。

\試験官監修:スピーキング試験の11つのヒント/

こんな方におすすめです!

  • はじめてIELTSを受ける方

  • スピーキングテストの本番が近い方

  • これから受験するお友達がいる方

  • 英語で書かれているのでReading練習にもなります

Tips For Speaking をダウンロードするexternal icon

よくある質問

Ask IELTS

同じ日に全テストパートを受験できますか?

リスニング、リーディング、ライティングのテストは、同じ日に続けて実施されます。ペーパーで受験するIELTSの場合、スピーキングテストは他の3つのパートの後に予定されています。


コンピューターで受験するIELTSの場合、スピーキングテストは同日、他の3つのパートの前か後に実施されます。

さらに詳しく