The official IELTS by IDP app is here! Download it today.

Close

IELTSに合格したいなら、必要な知識を習得するだけではなく、試験当日の準備をしっかりおこなうことが大切です。そこで、今回はIELTSを初めて受験する方に向けて必要な持ち物や受験の流れ、注意事項などを解説します。ぜひ試験当日の参考にしてみてください!

【IELTS受験】試験当日の持ち物と、試験会場に持ち込めない物

IELTSを含め、どんな試験でも持ち物をチェックするのは基本です。「〇〇がない!」といった状況にならないよう、あらかじめよく確認しておきましょう。

 

◇【IELTS受験】試験当日の持ち物・持っていかない方がいい物

まずは試験当日に必要な持ち物、および持っていかない方がいい物を紹介します。

 

・【必要な持ち物1】申し込みに使用したパスポート

IELTS受験には、申し込みに使用したパスポート(原本)の持参が必須です。これを忘れた場合、いかなる事情があっても受験できなくなってしまうため注意が必要です。※IDPで申し込んだ場合は、試験当日にパスポートのカラーコピーの持参は不要です。

 

・【必要な持ち物2】筆記用具

試験会場に持ち込める筆記用具は黒鉛筆(キャップ不可)と、消しゴム(カバー不可)のみです。ただし、IDPで申し込んだ場合は、筆記用具はテストセンター側で用意するため、持参の必要はありません。

 

・【必要な持ち物3】水

飲み物を持ち込みたい場合、無色透明でラベルのない容器に入った水のみ持ち込むことができます。お茶やジュースなどはNGです。

 

・【持っていかない方がいい物】貴重品

貴重品を含む私物は試験会場内に持ち込めないので、テストセンターに預けるかたちになります。万が一、私物を紛失してもテストセンター側で責任がとれないため、貴重品は必要最低限のもの以外は持っていかない方が無難です。

 

◇【IELTS受験】試験会場に持ち込めない物

試験会場に持ち込めない物を以下にまとめましたので、こちらも合わせてご確認ください。

 

  • 腕時計(試験会場内に時計あり)

  • ハンカチ類

  • コート類

  • ひざ掛け

  • 財布

  • スマートフォン・携帯電話

  • メガネケース

  • 黒鉛筆・消しゴム以外の筆記用具すべて

  • 水以外の飲食物すべて

【IELTS受験】試験当日の流れ 

試験当日の流れを頭に入れておけば、出発から受験までスムーズに行動することができます。時間の余裕は心に余裕につながり、試験でも力を発揮しやすくなるため、具体的な当日の流れをしっかりとおさえておきましょう。

 

◇【IELTS受験の流れ】家を出る前

今までの努力を無駄にしないためにも、忘れ物は絶対避けたいところです。以下に持ち物チェックリストを用意したので、家を出る前にあらためて確認しましょう!

 

  • 申し込みに使用したパスポートの原本

  • パスポートのカラーコピー

    (IDPで申し込んだ場合は不要)

  • キャップなしの黒鉛筆

    (IDPで申し込んだ場合は不要)

  • カバーなしの消しゴム

    (IDPで申し込んだ場合は不要)

  • 交通費

  • (必要であれば)無色透明な容器に入った水

  • 不要な貴重品を持っていないか?

 

 

◇【IELTS受験の流れ】試験会場に着いたら

試験会場に着いたらやるべきことは以下の通りです。この順番に沿って落ち着いて行動しましょう。

 

  1. 受験票に記載されている時間の約30分前に到着する。

  2. 必要な持ち物以外、テストセンターに預ける。

  3. トイレは受付前に必ず済ませておく。

  4. 受付で本人確認と持ち物確認をおこなう。

  5. 係員の指示に従って写真撮影と指紋登録をおこなう。

  6. 手続きが一通り終わったら、試験会場に入室する。

  7. 自分の受験番号が記載されている席に座って待つ。

 

◇【IELTS受験の流れ】試験開始前

試験会場に入って着席したら、まず机のラベルを確認しましょう。このラベルに書かれている内容が成績証明書に反映されるため、記載内容に誤りがあった場合、試験終了後、試験監督者に必ず知らせてください。

 

また、試験の指示はすべて英語でおこなわれます。重要な指示を聞き逃さないよう、集中して聞くように心がけましょう。

◇【IELTS受験の流れ】試験開始

IELTSの試験はライティング→リーディング→リスニング→スピーキング(コンピューターで受験する場合は、リスニング→リーディング→ライティング)の順におこなわれます。スピーキング以外は連続して実施されるので、途中休憩はありません。試験中はトイレや体調不良などやむを得ない事情がある場合を除き、基本的に退室禁止です。

 

スピーキングについては試験当日の昼以降、もしくは別日程に分けておこないます。ただし、IDP公式テストセンターで受験すれば、全試験を1日で完了させることが可能です。

【IELTS受験】当日の注意事項

IELTSを受験するにあたり、以下の注意事項は必ず守りましょう。違反した場合、試験の中断・無効といったペナルティを受けます。

 

◇他の受験者の解答を書き写す行為

カンニング行為はいうまでもなくNGです。自分が試みることはもちろん、他人のカンニングを助けることも不正となります。

 

◇電子機器の持ち込みや使用

電子辞書やスマートフォンといった電子機器をこっそり持ち込むこと、試験中に使うことも当然禁止です。

 

◇円滑な試験の実施を妨げる行為全般

試験中に大声を出したり、他の受験者に嫌がらせをおこなったりする行為は、すべて妨害行為と見なされます。

 

◇試験中に他の受験者へ話しかける行為

試験中は私語厳禁なので、他の受験者に話しかける行為はNGです。困ったことがあれば、手をあげて試験監督者に知らせましょう。

 

◇試験問題と解答用紙を持ち出すこと

試験問題、および解答用紙の持ち出しは認められていません。こっそり持ち帰るような行為は厳禁です。

 

その他の注意事項については、こちらexternal iconをご覧ください。

持ち物・当日の流れを把握して、スムーズなIELTS初受験を!

IELTSを初めて受験する場合、試験特有の雰囲気で緊張してしまうかもしれません。しかし、試験当日の持ち物や流れをしっかり把握しておけば、心に余裕を持って受験することができます。

 

IELTSについてより詳しい情報を知りたい方は、ぜひ受験ガイドexternal iconもチェックしてみてください。

 

公式サイトでは、模試やサンプルテストの他、試験対策のための様々なツールも提供されていますので、是非ご覧ください。

 

IELTS試験のお申込みexternal icon  IELTS試験対策をみるexternal icon