The official IELTS by IDP app is here! Download it today.

Close

IELTSアカデミックライティングテストの概要

所要時間:60分

IELTSアカデミックライティングテストは、2つの課題で構成されています。これらの課題のテーマは、一般的な分野に関連し、大学や大学院への進学や専門職業団体への登録を目指す受験者に適しています。 両方の課題の回答は、フォーマルな文体で記述する必要があります。 

タスク1  

グラフ、表、チャート、図などを見て、自分の言葉で情報を説明、要約、説明します。データの説明や提示、プロセスの段階、何かの仕組み、目的、計画、設計などについて説明を求められる場合があります。  

タスク2  

見解、論点、問題に答える形でエッセイを書きます。 自分自身の知識や経験から例を挙げて、見解を裏付けます。 

視覚情報から事実や数字を要約する

IELTSアカデミックライティング タスク1では、情報が図表で視覚的に示されます。図表は1つとは限りません。以下のような視覚情報が提供されます。 

  • 表 

  • チャート 

  • 図 

  • 工程 

  • グラフ 

  • 地図 

読み取った情報をまとめ、その主な特徴を選んで説明し、必要に応じてそれらを比較するなどの指示もあります。  与えられた視覚情報を文章で表すという変換作業が必要になります。 

タスクで良い結果を出すには、以下の作業が必要になります。 

  1. 導入文を書く 

  2. 概要を書く(読み取った情報の要約) 

  3. 主な特徴を数字(データ)で示して強調する 

箇条書きやメモではなく、すべてを文章で書き、150語以上の長さが必要です。  

エッセイを書く

アカデミックライティングテストのタスク2では、提示された意見、議論、問題についてエッセイを書きます。 エッセイはアカデミック(セミフォーマル)な文体で書く必要があります。 テーマは一般的な時事問題で、その中の特定の側面に焦点を当てています。例えば、テーマがコンピューターであれば、コンピューター全般について書くのではなく、特定の側面に焦点を当てます。   

タスクの指示で問題に関する情報が与えられ、エッセイでテーマについて議論する方法を説明しています。場合によっては、事実情報の提供、解決策の概要と提案、意見の正当化、根拠やアイデアの評価などを求められます。自分の意見を裏付けるために、関連のあるアイデアや例を含めて、慎重にタスクに取り組むことが重要です。アイデアごとに段落を変え、自分の考えを明確にまとめましょう。250語以上の文章を書く必要があります。  

英文エッセイの書き方に従って、理路整然と情報を整理し、関連付けながら、正確かつ適切な言葉で自分の考えや意見を表現する能力が試されます。