4つの英語スキルをテスト

IELTSは、4技能、つまり書く、読む、聞く、話す力をテストします。合計所要時間は約2時間45分です。

リスニング及びスピーキングのテストは、アカデミックとジェネラル・トレーニングで同じ内容を行います。

ライティングとリーディングのテストは、アカデミックとジェネラル・トレーニングのモジュールでは異なります。

  • アカデミックモジュールには、大学または専門機関に入学するすべての人に適したトピックが含まれます。

  • ジェネラル・トレーニングモジュールには一般的な興味に基づくトピックが含まれます。

※2019年4月13日の試験よりペーパーで受験するIELTS試験の順番がリスニング、リーディング、ライティングからライティング、リーディング、リスニングに変更しました。

2つの試験タイプ

大学・大学院への進学や専門職への登録を目指す方には、IELTS Academicモジュールを。また、中等教育への進学や、英語圏への就職・移住を希望する方には、IELTS General Trainingモジュールが適しているでしょう。 留学や就労、移住を希望する国によって、どのテストを受けるべきかが異なります。政府機関、教育機関、その他の認定団体は、それぞれ独自にIELTSの必要条件を設定していますので、関連する政府機関や団体のウェブサイトで、自分がどのテストを受ける必要があるのかを確認してください。

2つの受験方式

IELTSはペーパーとコンピューターの2つの方式を選択できます。内容、難易度、採点方法は同じです。どちらもスピーキングテストは試験官との対面式です。自分にあった方法でベストスコアを目指しましょう。

よくある質問

IELTSアカデミックの結果を、移住の目的で使うことはできますか?

IELTSアカデミックとジェネラル・トレーニングは全く別のテストで、目的が異なります。ジェネラル・トレーニングの代わりにアカデミックの結果を受け入れる組織もありますが、その判断は組織次第です。詳細については、提出先の組織にお問い合わせください。

さらに詳しく