横浜会場 が誕生。横浜でコンピューター受験が可能に!

Close

テスト会場

住所:沖縄県那覇市久茂地1-2-20 OTV国和プラザ7F 専門学校沖縄ビジネス外語学院

アクセス:ゆいレール「県庁前」駅から徒歩 2分

okinawa build

試験日

  • お申込みは3日前まで可能!お申込ガイドはこちら▶

  • 受験料はこちら▶  、クレジットカードまたはコンビニ払い

試験日(スクロールして下さい)

モジュール

7月27日(土)

AcademicGeneral

8月24日(土)

AcademicGeneral

9月28日(土)

AcademicGeneral

10月26日(土)

AcademicGeneral

12月14日(土)

AcademicGeneral

◆キャンセル待ち申請フォームはこちら▶

※空席が出た場合のみ、各テストセンターより試験日の3日前までにメールでご連絡します。

okinawa test room

当日の流れ・スピーキングテスト

  • 筆記試験開始:9:00、筆記試験終了:12:20頃予定。

  • スピーキングテストは同じ会場で、同日午後に実施。時間はテストセンターより試験日3日前までに個別にお知らせ致します。

  • ライティング(60分)→リーディング(60分)→リスニング(40分)→スピーキング(11~14分)の順番で1日でテストが終了します。

那覇

ビデオコール・スピーキングテスト

受験生がより安心して対面式のスピーキングテストを受けて頂けるように、ビデオコール・スピーキングテストを導入しています。詳細はこちら▶

VCST - Japan

\IDPのIELTS in 沖縄:6つの魅力/

  1. 会場は駅からすぐでアクセス便利

  2. リスニングでヘッドホンが使える!

  3. 少人数で集中できる

  4. スピーキングも同日午後だから1日で終了

  5. IDP-IELTSテストセンターのフレンドリーなスタッフが対応

  6. お申込み特典の試験対策が充実:詳しくはこちら▶

naha - Japan

\IELTS受験レポート/受験生からうれしい声が届いています!

naha1 - Japan

ー知念さん(沖縄ビジネス外語学院)今までは県外で受けるしかなかったIELTSを2021年から沖縄で受けられるという情報が入り、いい機会だと思ったので受ける事を決意しました。IELTSは今後留学やワーホリ、英語圏に移住するときに必須となる英語能力判定試験として認知されています。私は、オーストラリアに留学して間もない時に一度受けたことがあるのですが、そのときの私のスコアと今のスコアを比べるとFoundationコース、大学に行けるぐらいまでスコアがアップしていました。4つの科目があり、そのスコアを各国が定めている現地のレベルで確認する事ができるのもまた学力向上の一歩ではないかと思われます。

naha2 - Japan

ー新垣さん(沖縄ビジネス外語学院)私は今回IELTSを初めて受けました。リーディングセクション1、2は割とスムーズに解けたのですがセクション3から内容が難しくなりそこに時間をかけすぎて時間を大幅に無くしてしまいました。リスニングのパートは得意なので、前半部分は割と解けたのですが後半部分はうまく聞き取れず7割くらいは解けたかなという感じでした。ライティングの問題は初めての形式でとても難しかったです。タスク1、2があり1は20分、2は40分で書くといいと言われてましたがタスク1はグラフの問題で、うまくまとめられず時間をそこにたくさん使ってしまいました。時間はなかったものの両方のタスクを最後まで書き終わることは出来ました。文字数も足りてるし内容もきちんと書けたので、あとはもっと文法を磨けばスコアはもう少し伸びるんじゃないかなと思います。私は一番スピーキングが苦手でスピーキングのテストが一番心配でした。スピーキングのパート1は自分の住んでる場所や家族についての質問でしたそこはスムーズに答えられました。とても緊張してたのですが試験官がとてもフレンドリーで話しやすかったです。こうやって沖縄でも簡単にIELTSが受けれるようになったので良かったと思います。


お問合せ先

IDP IELTS 東京テストセンター(JP035)

ご予約変更、追加成績証明書の発行の手続き、領収書の発行などはこちら

お申込み

キャンセル・変更(日程・会場・モジュール)

試験結果・追加成績証明書・再採点申請