IELTSのリーディングでは、試験の特徴と重要ポイントを掴んだ上で、効率的な学習を継続していくことが高得点につながります。今回は、IELTSリーディングの概要と各モジュールの特徴、おすすめの勉強法や高スコアを取得するための試験対策を紹介します。

【IELTS リーディング】問題の概要と特徴

IELTSのリーディングは、アカデミック・モジュール(以下アカデミック)とジェネラル・トレーニング・モジュール(以下ジェネラル)で問題が異なります。まずは、各試験タイプにおけるリーディングの特徴を解説します。

IELTSリーディングの概要

IELTSリーディングの試験時間は60分、問題は全部で40問です。この点は、アカデミックとジェネラルに違いはありません。それぞれの出題内容や難易度には差がありますが、どちらを受けても同程度のスコアになるように試験が設計されています。

リーディング試験の特徴~アカデミック編

アカデミックでは、900~1,000語程度の長文パッセージが3つ出題されます。ジェネラルと比較して問題の難易度が高い、選択式の問題が多い、といった特徴があります。

なお、難易度が高い分スコアを取るための正答率はジェネラルより低く設定されており、日本人の平均を超えるスコア6.0を取るには、23問以上の正答が必要とされます。

(日本人のアカデミック受験者のリーディング平均スコアは5.9)

リーディング試験の特徴~ジェネラル編

ジェネラルでは、900~1000語程度の長文パッセージが1つ、500語程度の短いパッセージが4つ出題されます。アカデミックより問題の難易度はやや低いですが、選択式の問題が少なく記述式の問題が多いので、スペルミスなどには注意が必要です。

さらに、難易度が低い分スコアを取るための正答率は高く設定されています。日本人の平均を超えるスコア6.0を取るには、30問以上の正答が必要とされます。

(日本人のジェネラル受験者のリーディング平均スコアは5.5)

【IELTS リーディング】高スコアを取るためのコツと勉強法

IELTSリーディングで高スコアを取るためには、語彙力強化と多読のトレーニングが非常に有効です。ここでは、それぞれの勉強法のポイントをまとめました。

語彙力を強化する

語彙力は、すべての技能の基礎となる英語学習の最重要要素です。

  • 反復練習をする

単語を覚えるためには、同じ単語に何度も、何度も触れることが大切です。ですから、複数の単語帳を1度だけ読むのではなく、1冊の単語帳を何周も繰り返すことをおすすめします。

  • 五感をフル活用して記憶する

目で読むだけでなく、五感をフル活用すると記憶に残りやすいです。音声を聞きながら単語を見る、単語をつぶやきながら書く、音読するなど、できる限り耳・手・口を使うようにしましょう。

  • 関連語もまとめて覚える

1つの単語につき他の品詞の形、類義語、対義語などの関連語まで一緒に覚えると、記憶にも残りやすく効率的です。

多読をする

内容の8割を理解できて、楽しんで読める英文を多読すれば、リーディング力を飛躍的にアップさせることができます。ここでは、多読の実践のコツを見ていきましょう。

  • 時間をはかって読む

読み始める前に目安時間を決め、その時間内に読み切ることを意識して読みましょう。わからない単語が出てきても、その都度辞書で調べずに、前後の文脈から意味を想像しながら読み進めることが大切です。

  • 幅広い分野の文章に読み慣れる

アカデミックのリーディングは、「教育」、「科学」、「生物」、「環境」、「芸術」、「歴史」など、多岐に渡る分野の文章から出題されます。特に専門知識が無くても問題を解くことは可能ですが、こうした分野の文章を普段から読み慣れていると、本番でもスムーズに読解できる力が身につきます。

  • 英語を「英語」で理解する練習をする

英語を素早く読むために、頭で日本語に変換せず、英語で理解することを心がけましょう。

たとえば、「violet=すみれ=紫色の花」と訳して理解するのではなく、「violet=a purple flower」と英語で理解して読み進めたほうが速いです。日頃から英単語と映像をセットで覚えたり、英英辞書を使ったりして、英語から英語への変換に慣れていきましょう。

【IELTSリーディング・アシストで実践的な練習】

IELTSリーディング・アシストに登録すると、IELTSアカデミック/ジェネラル・トレーニング試験に似た自宅用のリーディング練習タスクを受け取れます。IELTSの専門家があなたの回答をレビュー、採点します。個人レポートでは、あなたのリーディング能力の強みと弱みが明記されます。また、パーソナライズされた行動計画を通して、今後取るべき行動が分かります。

IELTSリーディング・アシストに登録external icon

【IELTS リーディング】試験本番に役立つ解き方と回答テクニック5選

試験本番に役立つ回答テクニックを紹介します。IELTSリーディングで起きがちな「時間が足りない!」という問題を回避するための対策として、参考にしてみてください。

長文ごとに時間制限を設けて解く

アカデミックでは60分で3つの長文、ジェネラルなら60分で1つの長文と4つの短文を解かなければなりません。長文は20分、短文は10分と時間制限を設け、時間内に解き終えられなかったら次の問題に移りましょう。

本文より先に設問を読む

長文を読む前に、まず設問に目を通し、何が問われるのかを把握しましょう。そうすれば、何に注目して読むべきかがわかり、効率的に回答できます。

キーワードに印をつけながら読む

人物には〇、時を表す表現には二重下線、場所には△、出来事や事件には□など、自分で決めた印をつけていくと、再度キーワードを探す時間を省くことができます。

わからなくてもとりあえず答えを埋める

わからない問題でも、とりあえず何らかの回答を記入しましょう。未記入なら確実に不正解ですが、何か書いておけば正解する可能性もあります。

訂正は消しゴムではなく横線で

IELTSでは、書き間違えた箇所を横線で訂正することが認められています。時間短縮のためにも、本番の試験では、消しゴムで消すよりも横線で訂正することをおすすめします。

IELTSリーディングの攻略は、適切な対策で差をつけろ!

IELTSリーディングでは、語彙力強化と多読のトレーニングで高スコアに近づくことができます。ご紹介した効率的な学習方法を参考にしながら、着実にリーディング力を磨いていきましょう。

さらに詳しい情報については、IELTS日本公式サイトexternal iconをご覧ください。

IELTS試験のお申込みexternal icon  IELTS試験対策をみるexternal icon