The official IELTS by IDP app is here! Download it today.

Close

留学先として人気沸騰中のマレーシア。IELTSの認知度や普及率も高まっているようです。IELTSスコアが大学進学の基準になり、語学留学に来た人や現地で進学を目指す人を対象とするIELTS対策講座も充実しています。

今回は、マレーシアの基本情報や留学するメリット、大学や大学院など目的別の必要スコアの目安などを紹介します。

IELTS利用で留学可能!マレーシアの基本情報

まずは、マレーシアの基本情報を紹介します。

 

首都     :クアラルンプール

民族     :マレー系(約69%) 中華系(約23%)インド系(約7%)

人口    :約3,200万人(2017年)日本の約4分の1

※うち約1割(約329万人)が外国人

公用語 :マレー語

※異民族間では英語使用頻度が高い。

宗教     :イスラム教(61.3%)仏教(19.8%)キリスト教(9.2%)など

通貨     :リンギット

時差     :(-)1時間

面積     :約33万km2(日本の約90%)

※首都のあるマレー半島とボルネオ島の一部が領土。

気候     :熱帯気候

※平均気温30度弱、年間を通して温暖で過ごしやすい。

在留邦人数    :26,555人 (平成30年10月1日現在)

IELTSでマレーシア留学する7つのメリット

次に、留学先としてマレーシアを選ぶ7つのメリットをご紹介します。

 

◇欧米やオセアニアよりも留学コストが安い

マレーシアは他の国に比べて物価が安く、留学コストを抑えられる傾向にあります。

欧米で月5万以下の物件を探すのは難しいですが、クアラルンプールでの家賃(ルームシェア)は月あたり1~3万円が相場です。タクシーの初乗り料金も、欧米なら約300円ですが、クアラルンプールは、90円程度で済みます。

また、学費もリーズナブルで年間授業料が約60万円程の安価な大学もあります。なにかと物入りな海外留学生活において、このコスト面での利点は見逃せない魅力と言えるでしょう。

 

◇国民の英語力が高く、英語のみで十分生活ができる

マレーシアはEFの英語能力指数ランキングでアジア25ヵ国中第3位、第2位のフィリピンと僅差の英語力を誇ります。そのため、語学留学先としての注目度も上がっているのです。英語を話せる人が多いため、生活する中で言葉が通じず困ることも少ないでしょう。

 

◇欧米の有名大学と連携している大学が多い

マレーシアは、オーストラリアやイギリスの有名大学と提携する大学が多く、提携校と同じ授業が提供されるコースもあるため、マレーシアにいながらも、英語圏大学の学位を取得することが可能となります。また、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア等、他国にある提携大学への編入制度もあるのは魅力でしょう。

 

◇民族・文化・宗教が異なるさまざまな人と出会える

クアラルンプールには、世界100ヵ国以上から留学生が集まってきます。さまざまな国の人と交流する中で、文化や価値観に触れ、自然に国際感覚が身に付いていくでしょう。

 

◇急速な経済発展の躍動感を感じられる

クアラルンプールには、日本の企業や小売店なども数多く進出しています。日本を離れても、欲しいものはある程度揃う環境があるため、不便さを感じることなく快適に過ごせるでしょう。

 

◇日本から近く、時差も少ない

クアラルンプールには直行便であれば、東京や大阪からも約7時間のフライトで到着できます。日本との時差もわずか(-)1時間なので、ほぼ時差に困ることはないでしょう。

 

◇MBA(経営学修士)が取得できる

有名大学のMBAプログラムも受講できます。英語圏でMBAを取得する場合、数百万~1,000万円ともいわれるほど膨大な費用がかかるのが一般的ですが、クアラルンプールなら低コストで取得できるだけでなく、プログラムの質にも定評があるため、安心して受講できるでしょう。

マレーシア留学に必要なIELTSスコアの目安

続いて、マレーシアに留学するために必要なIELTSスコアを紹介します。

 

ただし、下記スコアはあくまで目安です。

必要スコアは大学・学部によって異なるため、必ず大学ホームページを参照しましょう。

 

◇マレーシアの大学に進学する場合

IELTS 5.5(アカデミック)が目安です。

例:

スウィンバーン工科大学サラワクキャンパス:6.5以上

マレーシア大学:6.0以上

日本の高校生の場合、ファウンデーションやディプロマコースであれば更に英語力のハードルは低くなります。また大学に併設されている付属の英語学校も充実しているため、安心です。詳細は各大学のWebサイトをご確認ください。

 

◇マレーシアの大学院に進学する場合

IELTS 6.0以上(アカデミック)が目安です。

例:

アジア・パシフィック大学(APU):6.0以上

テイラーズ・カレッジ マレーシア校:6.5以上

ノッティンガム大学 マレーシアキャンパス:7.0以上(全セクション6.0以上)

 

◇マレーシアの大学院でMBA(経営学修士)プログラムに進学する場合

IELTS 7.0(アカデミック)が目安です。

 

さらに、GMAT(英語力・数学的能力・分析的思考力を問う試験)や就業経験が要件に含まれることもあるので注意しましょう。

まとめ~IELTSでマレーシア留学に行こう!

留学コストをはじめ、大学の質の高さ、過ごしやすい生活環境と温暖な気候など、マレーシア留学には欧米留学にはないたくさんの魅力があります。さらに、さまざまな言語・宗教・文化を持つ人たちと交流できる環境であるため、国際感覚も身に付いていくでしょう。

 

近くて、安くて、刺激的。英語圏に劣らない要素を備えるマレーシア留学は、IELTSスコアの取得で実現可能です。ぜひ、IELTS受験で夢への第一歩を踏み出しましょう。

 

IELTSに関する詳しい内容はこちらexternal icon

 

公式サイトでは、模試やサンプルテストの他、試験対策のための様々なツールも提供されていますので、是非ご覧ください。

 

IELTS試験のお申込みexternal icon  IELTS試験対策をみるexternal icon