IELTS by IDPの公式アプリができました! 今すぐダウンロード▶

Close

ジェネラル・トレーニングライティングテストの概要

所要時間:60分  

ジェネラル・トレーニングのライティングテストには、一般的な分野をテーマにした課題が2問含まれています。  

タスク1  

与えられた状況に基づいて、情報を請求したり、状況を説明したりする手紙を書きます。手紙は、個人的なものもあれば、セミフォーマルやフォーマルな文体が求められる場合もあります。  

タスク2  

見解、論点、問題に答える形でエッセイを書きます。アカデミックライティングの課題に比べると、やや個人的な文体のエッセイになります。 自分自身の知識や経験から例を挙げて、見解を裏付けます。 

タスク1:特定の目的のために短い手紙を書く

ジェネラル・トレーニングライティングテストのタスク1では、手紙を書く課題があります。ここでは、英文レターの書き方に従ってコミュニケーションをとる能力を証明します。 

友人のパーティーに行けなかったことを謝罪する手紙を書いたり、サービスが悪いと会社に苦情を述べたり、お勧めのリゾート地を友人にアドバイスしたり、求人に興味を示す手紙など、よくある日常的な場面が与えられます。 

場面のほかに、手紙に必ず含めなければならない情報が3つ箇条書きで記載されています。それに基づいて、例えば詳細を説明したり、理由を述べたり、好き嫌いを表現したり、提案や提言をしたりします。 

手紙には正しいトーンを使う必要があります。トーンとは、相手との関係性を表すコミュニケーション方法のことです。手紙では、使用するトーンは挨拶と結びの言葉に明確に表れ、言葉や文言の選び方によっても伝わります。 

通常、手紙はフォーマルまたはインフォーマルなトーンで書きます。一般に、友人や親しい人、家族に宛てた手紙で、書く理由がポジティブであれば、トーンはインフォーマルになります。他人への手紙や、苦情またはネガティブなメッセージは、よりフォーマルになります。 

タスク2:エッセイを書く

ジェネラル・トレーニングのライティングテストのタスク2では、提示された意見、論点、問題についてエッセイを書きます。テーマは一般的なもので、例えば、子供は自宅学習の方がよいか、飲酒年齢を引き上げるべきか、高齢者の介護は誰がするべきか、家族の絆を深めるにはどうすればよいかなどです。 

タスクの指示で問題に関する情報が与えられ、エッセイでテーマについて議論する方法を説明しています。場合によっては、事実情報の提供、解決策の概要と提示、意見の正当化、根拠やアイデアの評価などを求められます。 自分の意見を裏付けるために、関連のあるアイデアや例を含めて、慎重にタスクに取り組むことが重要です。アイデアごとに段落を変え、自分の考えを明確にまとめましょう。250語以上の文章を書く必要があります。  

英文エッセイの書き方に従って、情報を論理的に整理し、関連付けながら、正確かつ適切な言葉で自分の考えや意見を表現する能力が試されます。 

例題:IELTSライティングテスト

IELTSライティング タスク2でバンド8をクリアするための8つのステップをIELTSエキスパートが説明する短い動画。

バンド8をクリアするための8つのステップ:IELTSライティング タスク2:

IELTSライティング タスク2でバンド8をクリアするために必要な8つのステップをIELTSエキスパートが説明します。

https://images.ctfassets.net/unrdeg6se4ke/drhxDA0N7pUiAKxV53EjS/4e20ff1c44286c68748ace72ecb38760/8_Steps_to_help_you_reach_a_Band_8_IELTS_Writing_Task_2_-_thumbnail__high_res_.jpg
2022-02-16T06:08:00.324Z
https://videos.ctfassets.net/unrdeg6se4ke/377ojdWIJiLLtJFVfWftbC/efb7020696b6f922d2815bc0a4fee53a/8_Steps_to_help_you_reach_a_Band_8__IELTS_Writing_Task.mp4