大学入試英語成績提供システムへの参加について

大学入試英語成績提供システムへの参加について

このたび、実施主体であるIDP : IELTS AustraliaのIELTS (International English Language Testing System) のAcademic Moduleは、独立行政法人大学入試センターの「大学入試英語成績提供システム」への参加要件を満たしていることが確認されました。(大学入試センター公表情報へのリンクはこちら

IELTSは、世界で年間受検者数が300万人を超える、世界的に認知度の高い英語4技能テストです。IELTSは、世界をリードする英語教育、言語研究機関である IDP : IELTS Australia, British Council, Cambridge Assessment Englishの3団体による共同所有テストです。

IDP:IELTS Australiaから認可をうけた一般財団法人日本スタディ・アブロード・ファンデーション(以下、JSAF)と学校法人北九州予備校(以下、北予備)は日本国内のIELTSの認定テスト実施団体(IELTS公式テストセンター)として大学入試英語成績提供システムへの参加を行い、IELTSを実施致します。

大学入学共通テスト実施予定日・会場・検定料はこちらから確認できます。

参加要件に関する主な項目の情報公開先URL及び注意事項

IELTSの実施主体である、IDPに関する情報

https://www.idp.com/global/aboutus/ielts

IDPの日本国内におけるIELTSの認定テスト実施団体に関する情報

http://www.japanstudyabroadfoundation.or.jp/(実施団体、JSAFのページ

http://www.kitayobi.ac.jp/(実施団体、北予備のページ)

IELTSの個人情報の取り扱いに関する情報

https://www.ieltsjp.com/privacy-policy/(実施主体、IDPの日本公式サイト内のページ)

https://www.ielts.org/policy/privacy-policy(IELTSの総合公式サイト内のページ。英文)

日本国内における高校生の受検実績や大学入学者選抜に活用された実績に関する情報

http://4skills.jp/selection/case_admission.html(IELTSに関しては、地域毎の各大学のIELTSのロゴの参照のこと)

http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=29(JSAFサイト内の項目5及び6を参照のこと)尚、日本の高校生が日本国内大学及び海外大学への留学へ向けて受検した場合、以下のIELTS公式サイトから大学名を入力することにより、その大学がIELTSを採用しているか検索可能

https://www.ielts.org/about-the-test/who-accepts-ielts-scores(IELTS総合公式サイトより。英文)

英語4技能の評価に関する情報

https://ielts.com.au/get-ielts-results/band-score-calculation/(IDP:IELTS Australiaの公式サイトより。英文)

https://www.ieltsjp.com/get-ielts-results/(IDP日本公式サイト内、採点方法と試験結果に関して)

https://www.ielts.org/ielts-for-organisations/common-european-framework(IELTS総合公式サイトによるIELTSとCEFRに関する記述。英文)

https://www.coe.int/en/web/common-european-framework-reference-languages/(CEFRに関する記述。英文)

高等学校学習指導要領との整合性に関する情報

https://www.ielts.org/about-the-test/test-format-in-detail(IELTS総合公式サイト内の検定試験内容に関する各技能の詳細。英文)

毎年度4月から12月までの試験日程に関する情報及び注意事項

https://www.ieltsjp.com/ielts-test-dates/(IDP日本公式サイトにおける試験日程)

【注意事項】IELTSの公式テスト結果はテスト実施日より13日後に開示されるが、ごく稀に採点のRemark対象者に限り、最大でさらに4週間前後通知が遅れる場合がある。このことから、2020年度内にテスト結果を受け取る必要がある場合、11月上旬までにIELTSテストを受けていることが望ましい。日程上は12月分の試験日も発表され受験することは可能だが、11月中旬以降に受験した場合、以上の理由により年内の試験結果の開示を保証するものではない。(平成30年3月末時点)

経済的に困難な受検生への検定料の配慮など、検定料に関する情報

【検定料について】

IELTSの検定料は、国際的なテストネットワークのパラメータに従って定められており、日本におけるIELTSの検定料もその国際基準に準じています。将来的に検定料の上昇の要因の一つとして、インフレによる価格の上昇などが考えられます。又、利用者拡大に伴い実収入は上がるものの、その反面、テスト実施に関するコスト(面接官、移動費、宿泊費など)の上昇も考えられます。(一例としてIELTSのSpeaking TestはExaminerとの1対1の面接という方式を取っており、実施地域にIELTSにより認定されたExaminerが不在、もしくは不足している場合など、他の地域からのExaminerの移動に伴うコスト増などが考えられます)いずれにおいても、利用者数拡大に伴い、テスト実施方法などを含めて様々な観点から見直しを行い、IELTSパートナーで協議の上、料金の見直しを行い常に最適な検定料を設定することを検討し、努力をいたします。IELTSは広範にわたるオンライン資料を含め、検定準備用教材が無料で提供されており、受検者の試験の準備を手助けを行っています。サポート教材に関してはこちらをご覧ください。

【経済的に困難な受検生に関して】

慢性的で長期的な財政難や短期的な危機に瀕している場合、財政支援の取り決めが検討されます。公式テストセンターまでご連絡下さい。

障害等のある受検生への合理的配慮に関する情報

https://www.ieltsjp.com/test-guide/special-requirements/  (IDP日本公式サイト内、障害等のある受検生への合理的な配慮内容例)

試験監督及び採点の公平性・公正性を確保するための方策に関する情報及び、採点の質を確保するための方策に関する情報

前提として以下の項目に留意する

  1. 会場ごとの実施責任者及び各室ごとの試験監督責任者が、受検生の所属高等学校等の教職員でないこと。それ以外の試験の実施に協
  2. する者としては、同教職員の参画を認めるが、この場合には研修の受講や誓約書の提出を課すこと

受検生の所属高等学校等の教職員が採点に関わらないこと

https://www.ielts.org/about-the-test/ensuring-quality-and-fairness(IELTS総合公式サイト内の公平性、公正性に関する記述。英文)

https://www.ielts.org/teaching-and-research/examiner-recruitment-and-training(IELTS総合公式サイト内、ライティングとスピーキングに関する試験官、採点者に関する採用基準や方法、及び研修方法など公平性、公正性に関する情報。英文)

不正、情報流出等の防止策及び不測の事態発生時の対処方策を公表していること。

https://ieltsjp.com/test-guide/(IDP日本公式サイト内、禁止事項について)

第三者機関による試験の内容、実施体制及びテストの信頼性・妥当性等についての評価に関する情報

第3者評価者Ofqualに関するURL: https://register.ofqual.gov.uk/

一例として、IELTS5.5-6.5に関するOfqual公式サイト内での情報はこちら: https://register.ofqual.gov.uk/Detail/Index/18920?category=qualifications&query=IELTS

お問い合わせ先

【IELTSテスト情報、受験に関するお問い合わせ】

JP112(東京)一般財団法人日本スタディ・アブロード・ファンデーション(JSAF)

 JP114(大阪)一般財団法人日本スタディ・アブロード・ファンデーション(JSAF)

JP031(福岡)学校法人北九州予備校

【IELTSに関する全般的なお問い合わせ】

IDP : IELTS Australia(実施主体)、IELTS業務管理 日本統括責任者 前田剛