IELTSスピーキングテスト

IELTSスピーキングテスト

IELTSのスピーキングテストの特徴は、試験官との1対1のインタビュー形式となっているところです。IELTS スピーキングテストの詳細と、対面式のメリットをご覧ください。

スピーキングテストの形式

スピーキングテストの内容は3つのパートで構成されています。テストは録音されます。

内容はIELTSアカデミック/IELTSジェネラル·トレーニングの両方のバージョンで共通です。

パート1: 自己紹介とインタビュー(4〜5分)

試験官の自己紹介の後、皆さん自身の自己紹介をするように促され、本人確認が行われます。試験官は、身近なテーマ(家族、仕事、研究、興味など)に関する一般的な質問をします。

パート2: スピーチ(3〜4分)

試験官から、特定のテーマについてのタスクカードが渡されます。このタスクカードには、スピーチの中でカバーできるポイントも含まれています。準備時間が1分与えられ、メモ用に鉛筆と紙が渡されます。テーマについて1〜2分間話します。試験官は、そのテーマについて1つか2つの質問をします。

パート3: ディスカッション(4〜5分)

試験官は、パート2のテーマに関連するその他の質問をします。受験者は、より一般的な問題と意見について述べる機会が与えられます。

IELTSスピーキング試験の特徴

  • 個室での試験なので、騒音もなく集中できます
  • 必要なら何度も質問を繰り返します
  • あなたの英語能力とペースに合わせます
  • アクセント(訛り)があっても大丈夫です
  • 完全個室での試験
  • 快適な個室でリラックスしてスピーキングテストを受けましょう。
  • 騒音もなく、他人がいて気が散ることもありません。

時間切れの心配なし

IELTSスピーキングテストでは制限時間内に話す必要がありますが、回答を始めるのに時間がかかりすぎても、私たちは邪魔しません。必要なら熟考し、時間をかけましょう。

Play video
Play video
Play video

無料のスピーキング試験対策

無料のスピーキング試験対策資料を幅広くオンラインでご用意しています。今すぐアクセスする方法をご覧ください。