青山学院大学→Cornell University(アメリカ)へ留学した宮本さん

by IELTS

留学のきっかけと決意した理由

世界トップレベルの環境に身を置き、自分の世界を広げたい

中学生のときの父との会話で、アメリカのアイビーリーグという存在を知りました。当時、日本のことしか知らなかった私は、世界的に活躍する企業経営者や大統領、ノーベル賞の受賞者などの出身校であるアイビーリーグを知り、そこに身を置いてみたいという強い興味を持ったのがきっかけです。

IELTSを初めて受検した時期と結果

大学1年生の7月、6.0のスコア
6.0のスコアはとれたものの、時間がなくてライティングの文字数が埋められないような状況でした。また、試験官と1対1で会話するスピーキングでは「Do you like rain?」と想定していないような質問をされ、どのように返せばいいのか慌ててしまい、困った記憶があります。

IELTSスコアアップのポイント

問題数をこなすうちに答えのポイントがわかる

リーディング、リスニング

  • 多くの問題を解く

ライティング

  • 書き方のテンプレートを作る
  • うまい人のライティングを写して勉強
  • ネイティブの先生に添削してもらう

スピーキング

  • オンライン英会話、大学のネイティブと会話を重ねる
  • 間違っていたら必ず指摘してもらう

問題数をこなす理由としては、数をこなしていくうちに答えのポイントがわかる段階が訪れるから。そこから一気にスコアアップが可能になります。

留学先でIELTSの勉強が役立った場面

世界トップレベルのネイティブな学生と同じ水準を求められる

  • レポート
  • レクチャー
  • ディスカッション

帰国子女でもなければ短期留学の経験もない、留学が初めての私でもIELTSの勉強をしていたおかげで現地の授業についていくことができました。私ともう1人のJSAF(日本スタディ・アブロード・ファンデーション)派遣生以外に派遣留学生がいなかったため、ネイティブかつ世界トップレベルの学生と同じ水準を求められるという過酷な状況。しかし、IELTSの勉強をしていたおかげで充実した留学生活を送れたのです。

日本の受験英語だけであれば、内容の理解はおろか、リスニングにも苦労するような状態だったと思います。その点IELTSはリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングで試験が構成されていること、そして留学先の授業で出てくるような学問的な内容が含まれているため、英語の基礎をしっかり学べ、実践的な使い方ができました。

IELTS試験対策はこちら

留学先でIELTSの勉強が役立った場面

世界トップレベルのネイティブな学生と同じ水準を求められる

  • レポート
  • レクチャー
  • ディスカッション

帰国子女でもなければ短期留学の経験もない、留学が初めての私でもIELTSの勉強をしていたおかげで現地の授業についていくことができました。私ともう1人のJSAF(日本スタディ・アブロード・ファンデーション)派遣生以外に派遣留学生がいなかったため、ネイティブかつ世界トップレベルの学生と同じ水準を求められるという過酷な状況。しかし、IELTSの勉強をしていたおかげで充実した留学生活を送れたのです。

日本の受験英語だけであれば、内容の理解はおろか、リスニングにも苦労するような状態だったと思います。その点IELTSはリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングで試験が構成されていること、そして留学先の授業で出てくるような学問的な内容が含まれているため、英語の基礎をしっかり学べ、実践的な使い方ができました。

留学を目指す方に一言

留学してよかったと言える日は必ず訪れる

社会人になってからもっと勉強しておけばよかったと後悔することのないよう、存分に自分のやりたいことを追求し、楽しんでください。自分が選択した国・学校で自分のやりたいことをするチャンスはそうあるものではありません。

私は留学先での勉強のおかげで短期間でゾーンに入る感覚を身につけ、それが大きな財産となりました。留学してよかったと言える日は必ず訪れます。かけがえのない体験をするためにも、人と比べず、自分を信じて頑張ってください。

試験のお申込みはこちら

 

このページは下記の記事を元に制作されました:https://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=143