獨協大学→Carroll College(アメリカ)へ留学した片淵さん

by IELTS

留学のきっかけと決意した理由

違う言語でコミュニケーションをとれる喜びが原動力
小さい頃からアメリカに対して漠然とした憧れを持って育ってきましたが、英語に興味を持ち出したのは小学校の英語の授業でALTの先生とゲームをしながら英語でコミュニケーションがとれたことがきっかけです。しかし、その後の修学旅行でオーストラリアとシンガポールに行ったときにまったく英語が通じず、この上ない悔しさを感じて留学を決意しました。

留学をするためにJSAF(日本スタディ・アブロード・ファンデーション)でカウンセリングを受けるときには、自分が留学先に求めることのリストを作っていきました。それは、日本人がいないこと・規模が小さい大学であること・勉強に安心して集中できる環境であること・アウトドアが楽しめるような場所であることなどです。

絶対に後悔したくないという思いで希望を伝えたところ、Carroll Collegeへの留学を進められました。最初のJSAF(日本スタディ・アブロード・ファンデーション)派遣生ということもあって、すぐにCarroll Collegeへの留学を決定したのを覚えています。

IELTSを初めて受検した時期と結果

1年留学した後に初受検、7.0のスコア
IELTSは私が苦手としているブリティッシュ・イングリッシュがメインだから点数が取れないだろうと思っていたのですが、大学院に有利ということと1年間頑張った留学でついた力を信じて受けることを決意して受検したところ、7.0というよい結果を得ることができました。

苦手だったブリティッシュ・イングリッシュ、オーストラリアンアクセントも気にならなくなっており、緊張せずに受検できたことがよい結果につながったのかもしれません。留学した成果を感じることができました

IELTSスコアアップのポイント

最大限に英語を吸収する

  • ネイティブ教授の英語授業を選んで積極的に出席
  • 教授の眼の前の席で積極的に発言
  • 留学中は間違った英語をみんなに正してもらう

常にこの3つを意識して生活を送っていたため、英語を吸収する量を最大限保てていたことが高スコアにつながったと感じています。

留学を目指す方に一言

自分が学びたいことを自分が探し出した大学で学ぶ
留学は楽しいことばかりではなく、辛いことがある場合もあるでしょう。でも、そういうときが頑張りどきだと私は思っています。辛いことを乗り越えれば、人は大きく成長できるからです。

自分が学びたいことを自分が探し出した大学で学ぶことが重要です。自分の意思がそこになければ、留学を成功させることはできません。充実した留学生活を送れるようにするためにも、授業やコミュニケーションの基礎を作ってくれるIELTSを勉強・受験し自信を持った状態で留学に臨んでみてください。

試験のお申込みはこちら

 

このページは下記の記事を元に制作されました:https://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=143