ボキャブラリーとスペリング力をつける方法

by IELTS — 7月 24th, 2019

IELTSには特定のスペリングや語彙力のテストはありません。その代わり、IELTSテストのすべての部分で、この2つのスキルについて評価されます。

IELTSのリーディング、リスニング、ライティングでは、正しい名詞、動詞または形容詞、そしてもちろん、正しいスペリングを使用する必要があります。ライティングとスピーキングでは、ボキャブラリーはスコアの25%をも占めます!

ボキャブラリーとスペリング力をつける方法はたくさんあります。辞書とノート、またはスマートフォンが必要です。いくつかアドバイスします。

自分の語彙ノートを作成します。何かを読んだり、聞いたり、見たりするたびに、知らない言葉を書き留め、辞書で探し、その意味を語彙ノートに書き留めます。少なくとも週に1回、新しい言葉を見直してください。英語を話したり書いたりするときに、できるだけ新しく覚えた言葉を使ってみてください。そうすれば、ボキャブラリーが記憶に定着するようになります。

新しい単語を使用するときは、名詞や動詞の形など、その単語のさまざまな形を確認するようにします。正しい使い方を学び、会話や書くときにさまざまな形を使う練習をしましょう。

例:I am contemplating.(動詞:私は熟考している。)

The book is contemplative.(形容詞:この本はとても思慮深い。)

Contemplation is important for study.(名詞:熟考は研究には大切だ。)

一度語彙力の基盤を築いたら、次は連語や句動詞の勉強へ進み、ボキャブラリーの範囲を広げ、英会話やライティングでの言葉の応用力をつけることができます。

IELTS試験のお申込み  IELTS試験対策をみる